SC-A351とSC-A371の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

コーヒーメーカー

豆を挽くところから抽出するまで自動で行えるのが魅力的な全自動コーヒーメーカー。

コーヒー豆、水、フィルターをセットしてボタンを押すだけで、

本格的なコーヒーを作ることができます。

おしゃれなデザインの全自動コーヒーメーカー、シロカのカフェばこ。

スタイリッシュでシンプルなデザインはどんな場所でもマッチします。

また、コンパクト設計のため、省スペースで設置できるのも魅力的です。

そんなカフェばこシリーズの「SC-A531」と「SC-A371」の違いを比較しました。

全自動コーヒーメーカーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。



関連記事はこちら➡SC-A371とSC-A211の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

ミル内臓コーヒーメーカー「シロカ カフェばこ」の特徴

全自動コーヒーメーで評価の高い「シロカのカフェばこ」。

まずはカフェばこシリーズ「SC-A531」と「SC-A371」の共通する特徴をご紹介します。

いつでも本格的なコーヒーを楽しめる

本格コーヒーを味わいたい、でも豆を手動で挽くのは面倒。

ミル内臓コーヒーメーカーは、挽く、蒸す、淹れるまですべて自動で行ってくれます。

豆を入れ、水を注ぎ、スイッチを押すだけで、挽きたての一杯を楽しめるのは、

忙しい現代人の生活にはとても魅力的です。

豆本来のおいしさを引き出す蒸らし工程もプログラム

コーヒー粉は油脂分を含んでいるため、水分をはじいてしまいます。

初めに少量のお湯を注いで蒸らすことで、油分と水分がなじみ粉全体にお湯がいきわたり、

浸透しやすくなります。

「カフェばこ」では、蒸らし工程がプログラムされているので、

コーヒー本来のおいしさを抽出し、おいしいコーヒーを淹れられます。

繰り返し使えるフィルター

ペーパーフィルターでは抽出できないコーヒー豆の油分まで抽出することができる

メッシュフィルターを採用。

より濃く深いおいしいコーヒーが味わえます。

洗って繰り返し使えるので、紙フィルターを買うより経済的。

使い捨てることもないのでエコな点も魅力的です!

お手入れも簡単

    タンクは取り外し可能             バスケットも取り外せます

給水タンクは取り外し可能です。水を注ぐのも、丸洗いも楽ちん。

バスケットごと取り出して丸洗いできるので、お手入れも簡単です。

「カフェばこ」はコンパクトな設計なので、洗うパーツも大きくないのがいいですね。

好きな時に淹れたてを味わえる

タイマー機能を搭載しているので、お好みの時間にセットするだけで、コーヒーが淹れられます。

慌ただしい朝はあらかじめセットしておけば、朝食とともに挽きたてコーヒーが味わえます。

30分までの保温機能も搭載されているので、おいしい温度をキープしてくれます!

スタイリッシュでシンプルなデザイン

ミルを内臓しながら、おき場所に困らないコンパクトサイズ。

場所を取らないのでキッチンだけでなく、食卓やカウンター、オフィスなどに置いても邪魔になりません。



関連記事はこちら➡SC-A371とSC-A211の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

「SC-A351」と「SC-A371」の違いを比較!

共通して魅力的な特徴がたくさんあるカフェばこシリーズ「SC-A531」と「SC-A371」。

2つの違いは何か、比較してみました。

製品名SC-A351SC-A371
カラーシルバーブラック
サーバーガラスサーバーステンレスサーバー
保温機能30分30分
電圧交流 100V交流 100V
消費電力600W600W
抽出方法ドリップ方式ドリップ方式
最大使用水量0.55L0.55L
コード長(約)1.2m1.2m
サイズ(約)幅16.2×奥行28×高さ26.4㎝幅16.2×奥行28×高さ26.4㎝
本体重量2.7㎏(サーバー含む)2.7㎏(サーバー含む)
メーカー希望小売価格
(2022年5月現在)
27,500円(税込)29,700円(税込)

表を見ていただいてわかる通り、違いは3つです。

カラー、サーバー、価格のみ。

デザイン重視の方は、シルバーかブラックのカラーで選ぶのもポイントかと思います。

2,500円の価格の差は、サーバーの種類とも考えられます。

ガラスとステンレスのサーバーのメリット・デメリットから、

「SC-A531」と「SC-A371」どちらがおすすめか参考にしてみてください。

「SC-A351」はこんな人におすすめ

●ガラスサーバー:中身の確認ができて便利!

ガラス製のサーバーは、コーヒーのドリップ中に目盛りや中身が確認できるのがメリットです。

抽出されていくコーヒーを見るのも、コーヒーを淹れる楽しみのひとつですよね。

保温プレートで放置すると煮詰まってしまう可能性があるので、

すぐにコップに注ぎきれる方におススメです。

シルバーカラーにガラスのサーバーはオシャレで万人受けするデザイン。

プレゼントとして選ぶのもおススメです!


関連記事はこちら➡SC-A371とSC-A211の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

SC-A371はこんな人におすすめ

●ステンレスサーバー:保温性に優れ、丈夫!

ステンレスサーバーは保温性の高さが魅力。

多めに淹れたコーヒーをキープしておきたい方に最適です。

コーヒーを淹れてしばらく放置しても、外気の影響を受けにくく冷めにくいというのがメリットです。

また落としても割れる心配が少なく、ガラス製のサーバーより扱いやすいかと思います。

ブラックカラーにステンレス素材のサーバーはシックで大人っぽい印象。

ブラック家電で統一したスタイリッシュなキッチンに合わせると素敵ですね。


関連記事はこちら➡SC-A371とSC-A211の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

「SC-A351」と「SC-A371」の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこまとめ

全自動コーヒーメーカで評価の高いシロカのカフェばこ

「SC-A531」と「SC-A371」の違いを比較しました。

デザインやサーバーの種類、価格に違いはありましたが、

便利な機能やコンパクトなサイズは同じでしたね。

自宅で本格的なコーヒーを楽しみたい方に、また新生活やお祝いのプレゼントとして

購入の参考にしていただけたらと思います。



関連記事はこちら➡SC-A371とSC-A211の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーカフェばこ

さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
コーヒーメーカー
touをフォローする
話題のアイテムをご紹介♪
タイトルとURLをコピーしました