SC-C121とSC-C122の違いを比較!どれがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C121とSC-C122の違いを比較し、評判や口コミと一緒にまとめてみました。


【公式ストア限定モデル】siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 ブラック | コーヒーメーカー 全自動 ミル付き ステンレス コーヒーマシン コーヒーマシーン ギフト プレゼント | 真空二重ステンレスサーバー 予約タイマー 自動計量

関連記事はこちら➡SC-C111とSC-C121の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C121とSC-C122の違いを比較!

豆を挽く機能が付いた本格的シロカの全自動コーヒーメーカー

豆の組み合わせ次第では、自分好みにカスタマイズできる一杯は至福の味わい

では注目の商品

SC-C121とSC-C122の違いは何でしょうか

・①カラーやサーバー、フィルターの違い

・②保温機能の違い

・③豆の挽き方の違い

この3点について詳しく見ていきます。

まず、SC-C121

①カラーはタングステンブラック、サーバーは冷めにくいステンレス真空二重構造で、ペーパーフィルター用ですが、ステンレスフィルターも使用可能です。

②保温機能はありません。

③豆は自動で挽けるコーン式ミルを内蔵している為、お好みで粗挽きから細挽きまで無段階方式を採用しています。

そして、SC-C122

①カラーはステンレスシルバー、サーバーはステンレス真空二重構造、ステンレスフィルターがついていますが、お好みでペーパーフィルターも使用可能です。

②保温機能はありません。

③豆はこちらも同じく、粗挽きから細挽きまで無段階方式を採用しています。


【公式ストア限定モデル】siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 ブラック | コーヒーメーカー 全自動 ミル付き ステンレス コーヒーマシン コーヒーマシーン ギフト プレゼント | 真空二重ステンレスサーバー 予約タイマー 自動計量


関連記事はこちら➡SC-C111とSC-C121の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C121はこんな人におすすめ

SC-C121は豆を投入すると自動で計量してくれる機能がついており、豆の挽きも粗挽きから細挽きまで自分好みで楽しめます。

また、保温機能がない為、常に淹れたての風味豊かなコーヒーを味わえます。

デザインもおしゃれでインテリアにも合わせやすい最適な商品です。

タイマー機能がついている為、忙しい朝でも簡単に入れる事ができます。

「蒸らし」の違いで、マイルドとリッチの2種類が

マイルドは「あっさり」、リッチは「濃い」、その日の気分で選べます。


【公式ストア限定モデル】siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 ブラック | コーヒーメーカー 全自動 ミル付き ステンレス コーヒーマシン コーヒーマシーン ギフト プレゼント | 真空二重ステンレスサーバー 予約タイマー 自動計量

関連記事はこちら➡SC-C111とSC-C121の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C122はこんな人におすすめ

SC-C122は市販のコーヒーフィルターも使え、粉タイプの物も味わえます。

一番のポイントは、紙では最後のおいしいところが残ってしまう”もったいない”を解消する、ステンレスのフィルターがついています。

豆は自動計量、お好みに調整できる本格派にお勧めの商品です。

味の決め手はマイルドとリッチの2種類

アイスでもOK、ホットでもOK、もちろんタイマー機能もついていますので、朝の忙しい時間も手間いらずです。


関連記事はこちら➡SC-C111とSC-C121の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C121とSC-C122の違いを比較!どれがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーまとめ

では、SC=C121とSC-C122のまとめです。

どちらも操作方法に大きな違いはありません。

かと言って何も違いがないわけでもありません。

ボタン操作一つでお手軽にコーヒーを淹れる事ができるのが、SC-C121です。

コーヒーのおいしさから豆の挽き方まで全てにこだわったSC-C122です。

どんな商品にもメリット、デメリットがあります。

まず、デメリットととして、多かったのが、

コーン式ミルのため豆を挽く音が少し気になります。

コーヒーポットから注ぐ時、カップの脇にたれる感じがあります。

豆の量に対して、味が薄いのが気になります。

豆を自動で計量してくれるなら、水の量も自動で計量してくれたら

などの口コミがありました。

ミルでの豆挽きは香りも楽しめ、また何種類かの豆をブレンドすることによって、自分好みの一杯が味わえます。

ポットの注ぎ口が狭いためこぼれるのは、構造上仕方がないのかもしれません。

水の量は、使い慣れてきたら、今日は薄めでや、濃いめでの感覚が持てると思います。

そして決めポイントになるメリットは、

手間がかからず挽きたてのコーヒーが飲める

計量いらず、タイマー機能があるので、いつでも飲みたい時間にセットして飲める

デザイン性が高い

コスパが良い

などがあります。

一番のメリットは計量いらずで挽きたて淹れたてのコーヒーがいつでも飲める口コミが多数を占めていました。

タイマー機能を活用することで、「朝の目覚めは香りから」

最後に、金額で比べてみると、SC-C121は17000円前後に対して、SC-C122は、2万円前後と3000円程の差はありますが、紙のフィルターとステンレスサーバーの2種類で使え、挽きたて淹れたての本格的コーヒーが味わえるシロカのコーヒーメーカー

タイマー機能や煮詰まりを防ぐステンレスサーバーの採用など満足度の高い商品です。


【公式ストア限定モデル】siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121 ブラック | コーヒーメーカー 全自動 ミル付き ステンレス コーヒーマシン コーヒーマシーン ギフト プレゼント | 真空二重ステンレスサーバー 予約タイマー 自動計量

関連記事はこちら➡SC-C111とSC-C121の違いを比較!どっちがおすすめ?シロカのコーン式全自動コーヒーメーカー

さいごに

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえる

キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん

コンビニやドラッグストア

飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると

今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので

もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

↓↓↓楽天カードの作成はこちらからどうぞ

スポンサーリンク
コーヒーメーカー
cocopapaをフォローする
話題のアイテムをご紹介♪
タイトルとURLをコピーしました